災害支援研修会『被災地における歯科衛生士の復旧支援』

災害支援研修会『被災地における歯科衛生士の復旧支援』

日時:2016年10月16日(日) 10:00~12:00
場所:島根県歯科医師会館【西部会館テレビ会議システム中継】
コース名:Bリフレッシュコース 災害支援活動2単位
演題:『被災地における歯科衛生士の復旧支援』
講師名:九州看護福祉大学看護福祉学部口腔保健学科 教授 藤原 愛子先生
参加人数:合計120名(内訳)会員43名 
             会員外77名(歯科衛生士13名 学生56名 歯科医師7名 歯科助手1名)

 地震災害時の被災地における歯科衛生士の支援活動の在り方について学んだ。
 被災者は一様ではないので、被災者一人ひとりの心情に寄り添い、接することが大切である。復旧支援とは単に手を差し伸べることではなく、自立支援であり、被災者が健康な状態で日常を取り戻して生活を回復することを、最終目的に活動しなければならない。
 被災地における歯科衛生士としての自分の役割、また支援団体として活動するための準備の必要性など、気づきの多い内容であった。

災害支援研修会1      藤原 愛子先生

災害支援研修会2      研修会の様子